記事一覧

使い回しのモチベーション。

◆コードイメージ
===========================================================

/* 会社経営シミュレーションで、従業員を研修に参加させた時の処理 */

// 従業員のモチベーションを取得する
int motivation = emp.getMotivation();

// モチベーションに10加算する
motivation = motivation + 10;

// モチベーションを更新する
emp.setMotivation(motivation);

// 従業員の技術力を取得する
motivation = emp.getSkillPoint();

// 技術力に10加算する
motivation = motivation + 10;

// 技術力を更新する
emp.setSkillPoint(motivation);

// 従業員の研修参加回数を取得する
motivation = emp.getTrainingCount();

// 研修参加回数に1加算する
motivation = motivation + 1;

// 研修参加回数を更新する
emp.setTrainingCount(motivation);





===========================================================


たとえ変数を使いまわして動くとしても、
それぞれの意図に合った変数を使ってほしいものです。
tmpなど、明らかに一時的な変数だと明示してくれればまだ良いですが
技術力にモチベーションをセットしてる様を見ると、
「他にも変数名と全く違った意図のデータが入ってるのか…?」と
常に疑いながらソースを見なきゃならんので、なかなかツライです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

派歩

Author:派歩
同人作家 / 時々ラッパー / ふわっとITエンジニア。
広い所、温泉、日本語ラップ、アイス、R-15のイメージビデオなどが好き。
このブログは全年齢向けで行く所存。
技術力は全然ないけど、SIer界隈来てみたら、あ、この話はまた今度。
Mail:paradisoul.72★gmail.com
ホームページ:新規ウィンドウで開く

最新コメント